BAR WAITS

懐古的音楽飲屋

Archive [2009年09月 ] 記事一覧

ホンメイ ユウジ 手書きの絵

依頼されていた、ノラ・ニャオの絵が完成した。ふだんよりも大きさ二倍以上の絵だったので大変‥しかも手書きの1点もの!色もペタペタと、リキテックスを塗り、塗り、塗り‥とあ~なんだか楽しい!パソコンも便利だけど絵の具っていいなぁ。マットも切って額装もしてみると、それなりに見えるもんだ。(自画自賛)気に入ってもらえたらいいな。よし! 今年のウエイツのクリスマスカードはノラ・ニャオのコスプレバージョン?で...

今日の1曲目 『NIGHT FISHING』 サカナクション

 今日の1曲目!大好きなバンド、サカナクションのアルバム『NIGHT FISHING』曲もさることながら、繊細な歌詞と、デザインされた文章レイアウトが上手い!一冊の詩集のごとく、まとめられている。1曲目の「ワード」のはじまりがこんな詩‥♪夜が 夜が僕らを試してるな   夜が この夜が僕を試しているな♪深いナ‥まさしく、【夜】って見えないおおきな生き物だったり、深い闇の中に、自身の恐怖や相手のエロスを感じたりする。で...

森山大道ふたたび

先日札幌パルコで、森山大道の写真展を見てきたが今回は宮の森ミュージアムでも、森山大道展を見てきた!(はまってしまったぜ大道!)こちらのほうが点数も多く、写真の雰囲気もいい。その中の一点に、運河を埋め立てるか保存かと、もめていた30年前の小樽運河の写真があった。そこで足が止まった。ちょうどオレが二十歳で会社をさぼって、スケッチブックと絵の具を買って運河の土手(草むらがあった)に腰かけ沈みかけた廃船に佇...

猫きりえ師 NAMI

北二十四条にある、ステキな雑貨屋「イタリアン・べりー」その店主MINAKOとは30年来の、ともだち。 今日は誕生日だ。そのお店のスタッフのMAMIさんが、店主の為に「ねこ切り絵」を作ってくれた。見せてもらってビックリ!50匹あまりの猫たちがキレイにレイアウトされ収まっている。(歳の数か?)中央には店主MINAKOの猫がいてちゃっかり、オイラの『ウクレレをひく猫』(pho二枚目)や『窓をみあげて猫』(pho三枚目下側の黒猫)...

クラフトワーク in 大通り西4丁目

ふらり大通り公園へ向かう、クラフトワーク展が西4丁目でやっているからだ。同級生の白磁陶芸作家、石黒いずみちゃんの作品を見たかった。すぐにブースを見つけ作品のお話を聞く、どれもセンスがよく、繊細かつ表面が新雪のようにキラキラして、手触りも良い。ふと彼女の横に、若いイケメンがいる、聞くと息子ではないか!えっ、あの赤ちゃんの時のかい?自分の歳を、かんじた‥う~ん。いずみちゃんの隣りのブースを見ると、これま...

ハッシーのコースター

昔のみんなで酒を飲んだ、飲んだ‥だってハッシーの命日だもの!(最近ハッシーのネタ多いなぁ)まっいいか。それぞれコースターに似顔絵かいて、その上にグラスを置く。顔の上じゃ悪いかな‥でもグラスを持つたび顔見れる。似てるんだみんな、写真より似顔絵っていいよ。笑える!ハッシー語録なんかもかいてさ。「お前なんか、100万光年早いんだよ!」「ほんめいちゃん、オレにも赤ワイン」「トゥルットゥ~!」わかる人にはわかる...

好きな店の条件

飲みに行く好きな店の条件。ってなんだろう?店の雰囲気も、広さも、流れる音も、グラスのカタチも、酒の種類も、話のタイミングも、イスの坐り具合も‥あるけれど夜空の星のように静かに混ざり合う自然体のマスター(ママ)に尽きるよね。そんなワガママな自分に、かろうじて合うBARがある。いや、合わせてもらっているのだ。この店は‥名前は‥『星男』。 STAR MAN数多いサッポロの星雲ほどあるお店の中から、是非自分のチカラで見...

森山大道 写真展・北海道<序章>

今日、PARCOで写真展を見た。森山大道という写真家だ。荒いコントラストの力強い画面、全部ギラギラしていた。当時大道の作品は【ブレ・アレ・ボケ】と称され、独創的だったにちがいない。30年以上前の札幌や小樽の裏通りやすすきの近くが、古臭く新しい!たしかに今の街並みはクールでカッコイイが、アタマに残らない。記憶にも残らない。逆に当時の何気ない人や生活風景、看板、建物たちが生きている感じがする。(きっとすべて...

自家製 珈琲焼酎

 すてきなバーとか、よくイイ酒の紹介するよね。カッコよくて憧れるよホント!ウチはウチらしく‥自家製 珈琲焼酎を紹介しましょう。ブレンド珈琲豆を甲類焼酎に付け込み、一週間。ハイ出来上がり!てなわけなく、すこしだけ企業秘密的なモノを入れております。へへへ‥他の店ごとに味がちがいますよね。濃い目でウマいっすよ、ウチのは!しかも手書きラベル。しかもビン口にモンドセレクション銀賞受賞!(うそ)の帯ラベルという...

剣持勇の椅子

ウチの小さな店には、小さなこだわりがある。酒‥いや、実はそのひとつがカウンターのイスなのです。1958年剣持勇がデザインした、秋田木工のシンプルなスタッキングスツールで小樽のある店から譲り受けた、古くてかわいいイス達です。(イスと僕はほとんど同じ歳!)少しでもモダンアートとかイスに興味なあるヒトならわかると思いますが、デザインとすわり心地が最高なのです。そしてウチの店は、小さな居酒屋を改装した店で低い...

今日という海、明日という空。

明日というものは ない。今日という確実な24時間だ。                    ‥‥‥一生懸命なヒト。そのヒトは水を湛えた器に小さな三ヶ月の波紋をうかべて〔今日〕を〔未来〕に変えて話をしてくれた。僕は〔言の葉〕を〔落葉〕に変えてうなずくしかなかった。自分の絵(お店営業的な可愛いモノ以外)を描こうとすると、いつも言葉の羅列からイメージする。【詩】らしきものに【絵】を近ずけようとする。歌だと、...

〔新作〕キャラクター 日向郎『ヒナ・タロー』

ウエイツ ひさびさの新キャラです。日向郎『ヒナ・タロー』 という名の、もこもこしっぽ猫。(キダ・タロー好きです)寡黙なジジイ猫です。【寡黙】 あまり語らないひとって、聞き上手だよね。そして答えをポンと引き出す‥でも逆にそういう人のホンネが聞きたいもの。半分半分のバランスで話をミックスできる人になりたいなぁ。まずはこちらが開かないとね‥話戻るけど、イラストのイメージでは来年公開の映画『かいじゅうたちの...

北海道名物 「かにねこ」の「かみねこ」

林 啓一。ペーパークラフト(立体紙模型)の魔術師!自慢の同級生で親友だと思っている。(どれだけスゴイかは彼のホームページを観るべし) そんなアーティストと、しがない隠れ飲屋のオヤジとの夢のコラボ!(完全オトナの遊びとして)北海道名物「かにねこ」のペーパークラフト。しかも立体だ 写真はその制作過程で、この時点で完成度の高さをうかがえる。まったく林作品とはちがうキャラだから、また楽しいのだ。作る側とし...

電話というビタミン剤

人ってすごいもんだね。電話一本で元気になるんだ、3分間の日常会話のひとことが足りなかったビタミン剤になるんだ。自分に効くと思えばドコマデモ効く!(いや、一週間が限界かも)ちょうどイイ具合に大好きな、はっぴーえんどの『風をあつめて』が流れてる‥松本隆のこんな詩だった。♪街はずれの背伸びした路地を散歩してたら 起き抜けの路面電車が 海を渡るのが見えたんです それでぼくも 風をあつめて 風をあつめて 蒼空...

ハッシーの『アトム』

アトムである。誰が何と言おうと、アトムの絵!ハッシーの遺作である。こんなアバンギャルドな絵を描いた44歳はいないだろう‥今度公開されるアメリカ版「ATOM」よりも、遥かに個性的だ。長い耳はアトムのツノで黒いモザイク?はパンツらしい、しかも空を飛んでるという‥涙が出るくらいヘタだよ!今日も不思議な日、ハッシーにまつわる人達がふたり来店。それぞれ話すことが心に沁みる‥せっかくなので、アトムを囲み四人でカンパ...

ハッシーの雲

この季節になると空が高くなるそしてこのアルバムの二曲目を聞きたくなるパット・メセニーの「フェイシング・ウエスト」だ。この曲が大好きだった男がいる。おたがい四十歳の時に、ともだちになった「ハッシー」だ。奴は言ってた「この曲は、汽車でふるさとの斜里町へ向かう風景だ」と‥歳を重ねてから友達になるってことはあまりないがコイツは特別だった、憎めない奴だった。そして突然、奴は逝ってしまった‥その日は快晴。哀しい...

今日は『ルパン』しか聞いてない‥

今日はやたらヒマで、ブログ、3つ目。(大丈夫かウチの店?)今日買いました!『Lupin The Third 』 DANCE & DRIVE今までの中でも、一番イイんじゃないか?初回限定で赤ジャケと緑ジャケがあるらしい。のだが、ウチは緑ジャケバージョン。モンキーマジックの「Lupin The Third」も良いが、DOUBLEの「ラブ・スコール」いや「斬鉄剣」も良いぞ。(全部イイ!)開店から、こればっかり聞いてる‥。男子は必ずこの話になる‥「ルパン三世...

Love Letter

好きな映画で『ラブレター』という映画がある。小樽を舞台に中山美穂と豊川悦史が出ていたっけ‥劇中、中山美穂の住んでいる家が銭函一丁目にあった。フランク・ロイド・ライトの弟子(田上義也)が設計した僕の大好きな家だった。しかし、数年前に火事で全焼‥かなしい。韓国でも大ヒットして、この家にもたくさんの観光客が訪れたらしい。藻岩山のふもと、ロープーウェイの近くにろいず珈琲館「旧小熊邸」があり、これも同じ田上義...

『さんかくやまべェ』が新聞に!

先日9月6日(日)の読売新聞に、『ご当地キャラ』という記事で、僕のつくった札幌西区のエコキャラ【さんかくやまべぇ】がのりました。記事を書いてくださった方、本当にありがとうございます!西区の三角山をモチーフに自分の顔を描いたんだけど‥(短髪で目が離れて、あごひげがあるのだ)着ぐるみとか;誰かがマンガにしちゃってるけど、勝手に一人歩きしてるみたいで、ちょっと違うかな‥(作者の気持ちって複雑なんだぜ!)もっ...

「ZERO」 という異空間

自分にはない憧れの店がある 「ZERO」という。11年前に自分がやろうとした空間がそこにある。何もない自分を取り繕うように、今の自分の店がある。正解はない。憧れはある。みんなココロをフラットにしたく、飲み歩く‥‥今日からここで、多面体の魔術師 『Fui』展がはじまる。酒と数式の魔術にかかり、照明の証明を解こうとしている。カンパイ!...

ご案内

店主

waits-prof00.jpg

waitsの場所

札幌すすきの南5条西6丁目
多田ビル1F

営業時間

MENU

waits-menu-ban01.jpg

最新記事

俺の”隠れ家”

紙の魔術師

右サイドメニュー

QRコード

QRコード