BAR WAITS

懐古的音楽飲屋

Archive [2009年10月 ] 記事一覧

ポプラを見上げて

今日銭函の実家に向かう夕やけの太陽が、哀しいくらいすごく綺麗だった‥。実家の近くの、ちいさな公園に見上げるように大きなポプラが一本立っている。大橋トリオの『DEAREST MAN』を思い出した‥♪ひとりぽっちで丘に立つ 幼いポプラの子守唄よ  忘れないよ 忘れないよ 夜が明けてく 君は そっと  消えた‥★大橋トリオ‥元々、村上 淳(俳優)の映画でのピアノのシーンとかの演技指導とかをやっていたひとらしい、だからPV...

度胸をきめて

看板がイイ感じだ!よし。度胸をきめて、新しい店に入ってみる‥。「はじめてなんですけど、いいですか?」といつものセリフ。「よろしいですよ。」とママがやさしく迎えてくれた。ガード下の店、『梟』という名の居酒屋(和風スナック?)35年もお店をやられてるママ、ちょうどこの日が誕生日だった。お客様からの、豪華な花束が飾られていた。店内の壁も昔のままでイスがまた良い、背もたれ付きの天童木工のイスなのだ!(これだ...

まあるく生きていこう

これは、ラブ・レターだ。お客さんに頼まれていた絵がやっと下絵まで描き終えた。(これから彩色)僕の絵を、お客さんの両親にプレゼントしたいと聞いたとき、そっと寄り添って、寝ている仔猫を親御さんが見守っている風景が【家族】イメージとして浮かんだんだ。子が親を思う気持ち《プレゼント》と親が子を見守る《寝顔》を表現しているんだ。気にいってもらえると、いいんだけど‥...

エニアグラム

お客さんに教えてもらった、エニアグラムというタイプ別の性格判断みたいなもの?遊び半分でやってみた‥オレって、↓らしい。 エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。ふ~ん、あたってるかなぁ。...

油絵画家【小林麻美】さん

『北地蔵』へ行く前にギャラリーたぴお(中央区北2西2)に行った。小林麻美・川上りえ・高橋靖子・レスリータナヒル の展覧会だとくに【小林麻美さん】の油絵が昔から大好きで、独特の世界観を持っていて、不思議な感じで見ているといつのまにか引き込まれてしまう‥映画のワン・シーンのようにストーリーを感じるのだ!(僕の中では、和風デビット・リンチだと思っている)彼女の油絵って、いつも見える風景にピントをはずしもう...

カフェじゃない!喫茶店「北地蔵」

喫茶店「北地蔵」。時計台の裏にひっそりとある、カフェじゃない喫茶店。何十年ぶりだろう‥店内変わってなくてビックリ!マスターも変わらず?居るし、今のウェイトレスの女子も雰囲気あってる。ノスタルジーでもあるが、逆に【今】を感じる。客層も色々な人が居て、単行本なんか読んでいてさ‥いいんだよね。僕は店内がよく見えるカウンター席に座る。和風のカップに濃い目のコーヒー。(昔はもっと濃かったような気がした‥おとな...

ワン・ピースの似合う男になりたい。

今頃なんなの?っていうくらいマンガ『ワン・ピース』にはまってしまい、全巻(54巻)借りて朝寝る前にベットでよんでる。自分の中に、こんなにも涙が(鼻水付き)が残っているとは‥ってぐらいうかつにも大感動、大号泣。ストレ-トな感情と緻密なキャラ設定、ストーリーの奇抜さ!かくれネタの数々、アングルのカッコよさ、女の子の色っぽさなどあんなに毛嫌いしてたマンガだったけど、ごめんなさい!謝ります。最高おもしろいで...

珈琲からはじまる日

ウエイツの珈琲焼酎はウマイと言ってくれるお客さんは意外にいる。店主はせっせと新しい焼酎を仕込む。今日はいつもの豆をペーパー用にしてひきたての珈琲を味合う‥‥美味い!!今日のお客さんに入れてあげよう。チョコも付けちゃる!!本当はサイフォンでポコポコと落としたいんだけどな(いつか)‥みんなお気に入りの喫茶店(カフェ)ってあるよね、僕の好きだった店は、ほとんど閉めちゃったけど札幌時計台の裏の『北地蔵』ってまだ...

いまいちブログ

はっきり言って、言葉をあまり知らない僕はほかの人のブログのようにステキな文章表現では書けません。情報番組のようなネタ満載記事も書けません。かといって、心ン中を丸裸にするも、お恥ずかしい‥(でもけっこうスキに書いてるか?)こんな、つまらない自分を表現方法は【絵】しかなかった自分を言葉のリハビリテーションとしてブログを勧めてくれた人がいる。自分の店のアピールと自己発見として、このブログを紹介していただ...

ANABAR(穴場) WAITS

札幌の場末のANABAR(穴場)←造語 『WAITS』あらためて、自分の店を紹介してみよう。かな‥ススキノの西のはずれ、灯りも少なくなって、あやしい感じの横丁長屋。そのいちばん奥に光る月のような黄色い街灯が目印。その横に大きな鍵看板、(あなたの心の鍵をはずします。という意味?)そしてレコード看板(音楽酒場だもの)横開きのドア(初めての客にはトラップ、押したり引いたりするため)ドアの取っ手にある、ふくろう(福来る...

なにもしてあげられない

僕は話を聞くだけで、なにもしてあげられない。僕はお酒をだすだけで、なにもしてあげられない。僕は音楽を流すだけで、なにもしてあげられない。僕は観た映画のチラシをみせるだけで、なにもしてあげられない。でも、キミからたくさんのものをもらっている。そのお礼じゃないけれど、今日もお店を開けるんだ。ありがとう。...

悲しくてやりきれない

また昭和の★が流れてしまった‥加藤和彦。『あの素晴らしい愛をもういちど』は中学校の学校祭で初めて歌った曲だった。『悲しくてやりきれない』はサトウ・八チローの詩がすきだった。『帰ってきたヨッパライ』は子供の頃、大声でうたってたら、近所のおじさんにゲンコツくらったおもいで(歌詞が不謹慎との理由だ)1968年結成のザ・フォーク・クルセダーズは以外に知られてないが、ボーカルにエフェクトかけたり、『ソーラン節』と...

ウエイツ 冬の新キャラ 『ささら』

バー・ウエイツ 冬の新キャラ 『ささら』 前回の、ほっかむりネコの完成形です。名前は札幌市電の「ささら電車」からいただきました。冬っぽい名前でしょ!ながくつはミツウマだし、ポンチョもかわいい。(色は市電101号車)冬の北海道キャラ(勝手にね)またまた自画自賛!冬のストーリーがうかんできませんか?ジブン妄想族なもので‥このキャラでけっこう遊べちゃいますがな。...

アンテナ

‥そのひとのことをかんがえていた。何気なく買い物をし、袋に詰め込んでいたときだった、誰かが僕の背中をつんつんとした。振り向くと、そのひとがいた、なつかしさより、あたまの中にいたひとがいま目の前にたっていることに驚いた。昔から心にアンテナが立つことがある。いつもではないけど、思う気持ちが引き寄せるのか、引き寄せられるから思うのか‥だから、いつも想い続けると会える確立が多いのか?ってワケじゃない。『何気...

ほっかむりネコ 『ささら』

ヒマな日ほど、筆が進む。いまなぜか『ほっかむり』が気になる!しかもネコの頭にほっかむりなのだ。まだ試作だけど、色々描いてみるか‥コンセプトはちょっとおっさんで、赤い『ほっかむり』をかぶりポンチョを着て、ミツウマの長靴をはいて(ミツウマのマークってカッコイイよね)少しリアルな絵本の感じ,‥でこうなった。そういえば、オレが最初の就職受けたとこって、『ミツウマ』だったなぁ‥落ちたけど。う~ん、冬のキャラとし...

空気人形

ふらり、映画『空気人形』を観に行く。好きな漫画家、業田良家の原作だ。心を持ってしまった女性の人形が、恋をして、いろんな人と出会い人間的に成長するそして‥意外な結末へ。主役のぺ・ドゥナという女優が本当に人形のように可愛い。【空気=息=生=性】というキーワードで物語は語り進む‥男性ってナイーブでセンチメンタルじゃない?映画では、社会とのコミュニケーションがうまくとれない人たちの感じがよくでている。逆に、...

トム・ウェイツがテレビに流れる日

今日の1曲目は、TOM WAITSのセカンドアルバムSMALL CHANGEの1曲目 『tom traubert's blues』だ。実はこの曲が、今度のフジ50周年のドラマ『不毛地帯』のエンディングに使われるらしい。この泣きのバラードがどう使われるか、いまから楽しみなのさ!改めて、トム・ウエイツを聞きなおすとなんだろう、お店で聞く10年前とは違う‥なにか自身のココロが少しだけオトナになったのかな?自分の店名に,この人の名【WAITS】を付けたことに...

懐古的 雨の音楽(ベタベタ編)

雨の日って、『勝手に雨特集』の音を流したりする。(ひとりきりでね)今日は何を聞こうかな‥●山下達郎 「2000トンの雨」‥意外にファンが多い曲●山下達郎 「レイニー・ウォーク」‥リズムが大好きな曲だ●CCR 「雨をみたかい」‥ベタな洋楽●八代亜紀 「雨の慕情」‥♪私のいい人連れて来い~●三善英二 「雨」‥やば演歌に流れた●「シェルブールの雨傘」‥あらためて聞くとやさしい気持ちになる●「雨にぬれても」‥傘がなくてもいいん...

台風がやってくる

台風がやってくる。たくさんの「ざあざあ」と「びゅうびゅう」がやってくる。子供の頃はわくわくしていた。見えない『かいじゅう』のように夜の町を壊しにくるんだ‥と子供の目には見えてた気がする。お気に入りのゴムの短靴で、子供には大きすぎる、真っ黒な傘をさし「ざあざあ」に立ち向かい「びゅうびゅう」に傘をおちょこにされでも、顔はなんだか楽しくて笑っていた。台風がやってくる。まだ少しだけ「わくわく」と「どきどき...

ウエイツの心臓が壊れた!

昨日‥懐古的音楽飲屋『ウエイツ』の心臓と言われるオーディオアンプが壊れた!まあ30年以上前のトリオというメーカーだし、寿命と思ってた‥オレのアンプも精神的なコトで、ここ最近トクトクトク‥と早めにリズムを打っているが気にしない、気にしない。 朝、ベットのなかで今日の営業はどうしようと不安になる。音楽なしか?ギターでも弾くか?携帯ラジオか?と考えるあっ、家に小さなダブル・ラジカセがある。(古っ)カセットテ...

白目のB・B

北海道日本ハムファイターズ優勝です!すごいなぁ。どうりでウチの店ヒマですがな‥写真のB・Bは白目むいてます。(バッタもんじゃない)エコバッグらしいのです。ドームには売ってなく、ラルズにあるらしいです。今日は一言も言葉を発してないなぁ、明日はお祝いムードで、たくさんのお客さんがきてくれるといいな‥おっと、暗くなっちゃいそうだ。掃除でもするかな!...

ウエイツ 今日の1曲目『A BIRD』  大橋トリオ

 最近車の中でよく聴いている‥大橋トリオ(一人なのにね)ジャケットは大きなインコがアップライトのピアノの上にとまっていて可愛い。このタイトル曲 『A BIRD』 がまずイイ‥青い鳥(君)との別れから季節はめぐりいつかまた巡り会うことを信じて螺旋の時をすごす‥こんなような詩。全部読むと、けっこう深い。他の曲も聞けば聞くほど、ゆっくりと好きになっていく。今の自分のリズムなのかもしれない‥今は 『pretty Little Darli...

『ゆるゆるソウル祭り』

ひさしぶりにパーティをやります!タイトルは『遊流遊流ソウル祭り』‥いつもゆるい感じのウチが今回は違うゾ。オイラが「ココロのアニキ」と慕っている、bar ブロンクス・ザ・クラブと一緒にやるんだ。まちがいないべ!ソウルに限らず色んな音楽で身体を揺らして、美味いお酒を飲もうよ。しかも、ボーカルゲストがいい札幌のソウルボーカリスト【uBee】アビーさんだ。ソウルからスタンダードジャズ、シャンソンまでこなす実力者で...

 「Jealousit」

オレはお前にジェラシットするオレはお前をジェラシットする計算されつくした言葉に。オレはお前さえもジェラシットするオレはお前だけをジェラシットするあまりの生き方の潔さに。雨は雪にジェラシットするキレイな結晶で降り積もりたいと雪は雨にジェラシットする涙のように流れる水になりたいともしかしたら‥いやもしかしなくてもオレはお前にジェラシットしてしまう●Jealousit (ジェラシーと嫉妬を合わせた造語)開き直った...

かにねこ ペーパークラフト進行中! 

WAITSのオリジナルキャラ 『かにねこ』林啓一のペーパークラフトの第二校目である。9月16日のブログ一校目から比べるとよりリアルで色紙で作られているのがスゴイ!三校目でたぶん完成になるはず。林啓一の作品を《★★★★★段階》と考えるとかにねこ は《★★★段階》クラスの難しさではないかな?ありがとう啓ちゃん。わくわく。お楽しみ!...

魔白月の詩

九月夜空ばかり見上げていた気がする月をさがしてばかりいた気がする上ばかり見ていたのでつまずいてしまった‥十月銀色の蜘蛛が星と星を結びそろそろ冬の星座をつくろうとしている全部の星 流れてしまえ‥十一月パレットに白を抜かしたすべての絵の具をまぜて星のない夜空を塗りつぶそうとしている‥十二月残しておいた白い絵の具をどんなに塗っても魔白にはならない夜空かな‥‥‥‥●魔白月(何か秘めたような白い月を表した造語)暗い...

ご案内

店主

waits-prof00.jpg

waitsの場所

札幌すすきの南5条西6丁目
多田ビル1F

営業時間

MENU

waits-menu-ban01.jpg

最新記事

俺の”隠れ家”

紙の魔術師

右サイドメニュー

QRコード

QRコード