BAR WAITS

懐古的音楽飲屋

Archive [2009年11月 ] 記事一覧

『カッパ』と『トビウオ』

またも行ってしまった。『すだち』今回は三人で寄らせていただきました。焼酎のお湯割り、一合かっぱトックリでやられ北海道では珍しい『トビウオ』の一夜干しをつまみそのほかの食べ物も堪能し、二次会へ‥もう1人合流し、ワインバーで赤ワインとクリスピー・ピザでやられ我店WAITSへ‥同伴営業とは言っているが、自分も楽しく飲んでしまい今日はみごとな二日酔い‥ダメダメ店主ですわ...

『 M 』の旅立ち

『M』が言った。オレの半分はやさしさで出来ている。(笑)と‥オイラは言った。オレの半分以上はパクリでできている。と‥パクリと言うか、お客様のお話からできている。お客様のやさしさも含めてだけどね!いいお客様とは何だろう?お金だけではない何かを運んでくれる人‥そんなひとはやっぱり笑顔がすてきだ。そんな彼が夢を叶える為N・Yへ行く。もっと大きく(巨大化)なって、札幌にもどってきてほしいそして自分の店を作ってほ...

冬に思い出すもの

冬に思い出すのは‥‥朝方のゆたんぽの暖かさ。 お風呂場の石炭の燃える匂い。ストーブのうえにかけた鍋の中身。カッコイイ「つらら」を見つけること。足に着けたキャハンの雪だま。ビニールのコメ袋で雪山から滑り降りたこと。雪山で「地獄車」をかけあったこと。銭湯かえりに手ぬぐいをグルグル回して凍らしたこと。玄関前に作ったゴジラの雪像を褒められたこと。ひろばに寝転がって、降って来るゆきを下から見上げたこと。今、何...

ひょうちゃん

『ひょうちゃん』という醤油さしである。なぜか大好き!ごく一部のひとにオイラの事を「ひょうごろう」と呼ぶ人がいて(飄々としているから?)親しみがあるのさ。ちなみにMixiのハンドルネームも「ひょうごろう」です!のぞいてみてね。この醤油さしは横浜の崎陽軒のシウマイに付いていて。わずか四センチの大きさでいろんな顔のバージョンがあるがこのトリスおじさん顔は珍しい。なにしろ我が敬愛する柳原良平さんの絵だから。僕...

ちょっと旅気分

たまにJRで店に行くのだが、なかなか立ち食いそばなんて食べないよね。やってみると、あら不思議ちょっとした旅気分に浸れるのだ。ホームのアナウンスや人の声や列車の音‥足元に絡みつく11月の風。すべてのBGMが、この400円の『てんぷらそば』をより美味しくさせてくれる。列車の中にいる人の視線を浴びながらすするそばの味が格別!心ん中で「どうだ、美味そうに喰ってやがるだろう」と思っていた。そして、人ごみを避けてゆっく...

ウラヤマCM

うらやましいですなぁ~海外のオモシロCMなんだけど、たしかリーバイス?だったかな。最近のって、このようなドラマ仕立てのが少ない気がする‥...

我が心の 『 M ・J 』

『M・J』 である。マイケル・ジャクソンではない、『M・J』 みうら じゅんである。嗚呼、つい買ってしまった「勝手に観光協会」のアルバム‥だってほしかったんだもの。しかも二枚も!TVでの、このふたりの珍道中(古っ!)がいい。そこの土地の旅館で歌を作り録音する『リョカ録』のベスト版なのだ。お気に入りは『岩手でガスガスガス』 『バチバチ☆チバチバ』『おはよう舞妓さん』 『しまなみ慕情』 など、いろいろある。ど...

札幌ライオン ビア・ホール

なかなか行かないよね、ビア・ホール。狸小路二丁目に昔からあるライオンは、いつか行ってみたかった場所だ。落ち着いた店内、どこか懐かしいかんじ‥そうだ浅草の神谷バーに似ている。客層も年配のオジ様達とかがいるのもいい!昔ながらのメイド服(萌系ではないお給仕さん)のウエイトレスも良しだ。軽くお腹空いたので、カキの磯焼き(三個)とおつまみ盛りを頼んだ。ビールはもちろん、長靴グラスビール。このグラスは要注意だ...

焼酎の美味しい居酒屋 『すだち』

最近ふらり、ひとりで寄る場所がある。『すだち』という処‥安くて美味いんだココ、教えたくないんだココ、でも是非行ってほしい所なんだよね。今日は、天狗のお銚子で焼酎の、お湯割りをいただく。一合とっくりでお湯割りだ。(お得です)つまみはレバ刺、歯ごたえ良しの新鮮だぁ~!調子に乗って、焼酎2本め‥魚の「さつまあげ」を注文する、美味い!やばい!もう、自分の店は開けたくなくなる‥ほど居心地のいい店だ。●札幌市中央...

『かにねこ』 ペーパークラフト完成!

ウェイツ・オリジナルキャラ 『かにねこ』のペーパークラフトが遂に完成!すごい完成度です。完成体の大きさは縦13センチ横10センチA4サイズの紙にパーツの展開図が描かれている。この作品完成に至るまでのラフや設計図もまたすごい!お店にファイルしてありますので是非ご観覧してください。 さすが、紙の匠 林 啓一です。この人こそ、世界最高基準のペーパー・クラフトマンです!これからこの作品をどうしようか、検討中...

マイケル・ジャクソン 『THIS IS IT』

マイケルの映画『THIS IS IT』を借りて観た。この人は、やっぱり最高のエンターティナーだ。自分だけではなく他人にも、厳しく優しい。もし、生きてロンドン公演をしたとしても、こんなにも注目されただろうか?バックの演奏者やダンサー、舞台スタッフにもスポットが当てられてステージを作り上げていく‥不謹慎な言い方かもしれないが、死して本質が見えることもある。完璧なスーパースターなどいない。どこか寂しげで、純真無垢...

ご案内

店主

waits-prof00.jpg

waitsの場所

札幌すすきの南5条西6丁目
多田ビル1F

営業時間

MENU

waits-menu-ban01.jpg

最新記事

俺の”隠れ家”

紙の魔術師

右サイドメニュー

QRコード

QRコード