BAR WAITS

懐古的音楽飲屋

Entries

タイムスリップ

1984年
札幌地下街の本屋で
僕は一冊の本を手にして
どキモぬかれていた
その美術書なみの大きさで
豪華装丁の本

大友克洋『童夢』だ

マンガをここまで引き上げ
まるで一本の映画のように
ワイドサイズで見る者をぐいぐい引き込むんだ

当時買えなかったその本が
めぐりめぐって僕の手元にやってきた

童夢


約30年ぶりにドキドキしながら
ページめくる‥
そうそうこのシーンの衝撃!

童夢2


嗚呼、すんごいね
おもわず同じ顔をして「あんぐり」しちゃったよ


映画もそうだけど画面大きさが
別の感動と衝撃を生む
だって、漫画の聞こえない音が
聞こえてくるもんね

よくこんな本が世に出せたなぁ~

‥30年ぶりのタイムスリップ
いま読んでもスゴイんだよ!!!

この本をいただいた
サトちゃん
本当にありがとう


大切にします


『AKIRA』が外国で映画化されるというけど
ぜひこの『童夢』は日本で実写化してほしいな‥


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

店主

waits-prof00.jpg

waitsの場所

札幌すすきの南5条西6丁目
多田ビル1F

営業時間

MENU

waits-menu-ban01.jpg

最新記事

俺の”隠れ家”

紙の魔術師

右サイドメニュー

QRコード

QRコード